本文へ移動

社協ブログ

社協ブログ

【福祉会情報】きずなの会(サロン)でチャットGPT体験しました!(萱野)

2023-05-11
毎週木曜(午前)、コミュニティセンター萱野小会館「くすの木の家」で、
ささえあいステーション(地域の支えあい活動を応援する相談所)を開設しています。
第2木曜午前には、地区福祉会がお一人さまの会『きずなの会』を開催されて、交流や情報交換の場となっています。

5月は、「みんなでチャットGPTを体験してみよう!」と、ITに詳しいメンバーさんがパソコンやスピーカーを持参され、体験されていました。

※チャットGPTとは…
 人が入力した質問に対して、まるで人間の
 ように自然でクオリティの高い回答を人工
 知能(AI)が返すチャットサービスです。


最初は、「箕面市の特徴は?」の質問でした。
みんなでパソコンを覗き込むのは難しいので、音声の読み上げ機能を使って共有しました。
「ボランティアが心得るべきことは?」や「社協の役割は?」との質問の他、
「箕面は箕面の滝が有名ですが、それにちなんだ1,000文字以内の短編小説」とオーダーしてみると、あっという間に作成して読みあげられ、みなさんびっくりされていました。

「布引の滝にちなんだ短編小説」でもやってみましたが、全く雰囲気の違った小説になっており、またまたびっくりされていました。
「私は80歳の高齢者です。今後の生活で心がけることは?」とか「認知症とのつきあい方は?」などの質問の回答には、それを聞いたメンバーさん同士、いろいろと話が盛り上がっていました。
ちょっと忘れっぽくなった友だちや近所の人と、声を掛けあったり心配し合って、生活されているというお話も聞けました

「今年の阪神タイガースの優勝する確率は?」と言う質問には、
私は人工機能であり、将来のイベントや結果を正確に予測することは難しいです」と回答されました。

「一人ではなかなか体験できないことができて、よかった」「何でも直ぐに回答してくれて面白かった」などの感想がありました。
『きずなの会』は、普段は集まってゆっくりお話をされています。メンバーさんで相談し、新しいことをされる時もあります。これからも楽しみです
ささえあいステーションは、その名の通り、いろんな人が出会い交流し、地域の支え合いが広がる場(ステーション)です。ささえあいステーションに気軽に来てもらえるよう、地区福祉会など住民ボランティアの方々の協力で、カフェや集いの場を併設しているところが広がってきています。

令和5年度ささえあいステーションの予定表はこちら

皆様、是非一度お近くのささえあいステーションをのぞいてみてください!
素敵な出会いが待っていますよ

萱野小校区担当:島中
2024年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
0
8
8
7
8
8
TOPへ戻る