本文へ移動

箕面市社協とは

箕面市社協とは

社会福祉協議会(通称「社協(しゃきょう)」とは、社会福祉法第109条に基づき、日本全国の都道府県及び市区町村に設置されている地域福祉を進めることを目的とした社会福祉法人です。

箕面市社会福祉協議会は、昭和36年に任意団体として発足し、「誰もが互いに支えあい、安心して暮らせるつながりのあるまちづくり」を目指して、地域における住民相互の助け合い活動(いきいきサロン、子育てサロン、見守り活動など)の支援をはじめ、ボランティア活動の推進、高齢者や障害者の在宅生活を支援するため、ホームヘルプサービス(訪問介護)やデイサービス(通所介護)、介護老人保健施設の運営などの介護保険サービス、その他福祉に関する各種相談支援事業といった、幅広い福祉サービスを地域のネットワークを活かし展開しています。

社協の組織

社協は協議会との名称が示すように、福祉に関わる各種団体、事業所などで構成される協議会組織です。役員である理事、評議員は関係福祉団体から選出され、地域にある各種団体、個人も含めた地域住民の代表が社協の活動の企画と運営、そして実践に直接的にかかわっています。

組織構成会員

社協の運営方針を決定する理事会や、理事会決定の重要事項について広く意見を聞く議決機関である評議員会に参加する機会をもつ会員です。市内で社会福祉活動をしている各種団体・機関・事業者が対象です。
【会費】法人・団体 1口1,000円 ※令和3年度実績 71団体
2022年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る