本文へ移動

善意銀行について

善意銀行とは

地域の皆さまから善意の金銭や物品をお預かりして、援助を必要としている方々や地域福祉活動団体、ボランティア団体等に配分することで、善意を地域に広げていく事業です。
「誰かのために役立ててほしい」という善意の気持ちを、それを必要とする人や団体にお繋ぎします。

 

寄附の種類

金銭の寄付

金銭の大小を問わず受け付けています。
オンラインでの寄附も可能です。詳しくはこちら

※善意銀行への寄附は寄附控除の対象となります。詳しくはこちら


物品の寄付

食料品、日用品、介護用オムツ(未開封の物)等の物品の寄附もお待ちしております。
物品に関しては活用が難しい物もございますので、まずはご相談ください。

善意銀行の主な使いみち

・箕面市内の被災世帯(火災、地震及び異常な自然現象)に対する見舞金。
・ボランティア啓発活動等に対する助成。
・社会福祉関係の当事者組織の立ち上げ、PR活動に対する助成。
・地区福祉会の実施する小地域ネットワーク活動の新たな取り組みに対する助成。
  サロン、カフェ等集いの場の新規立ち上げ・増回
  広報誌の増回、PRパンフレット・チラシの作成費用など
・フードパントリー事業(生活困窮者等への食糧支援)

令和4年度 預託金・払出し実績

■金銭寄附
預託金
払出し
寄附金22件
327,765円
フードパントリー事業
28,200円※¹


地区福祉会チャレンジ
補助金(2件)
56,000円※²


災害ボランティアセンター
備品購入
295,126円※³
合計
327,765円
合計
379,326円
※¹生活困窮者等支援のためお米を購入しました。
※²地域のコミュニティカフェの立ち上げに助成しました。
※³災害発生時に必要となる備品(蓄電器、拡声器等)を購入しました。
※預託金の不足分は過去の積立金を取り崩して払い出しています。
■物品寄附
件数
物品内訳
40件
食品(米、おかゆ、赤飯、パスタ、小麦粉等)、衣類(新品)、マスク、オムツ、車いす、ポータブルトイレ、ランドセル(新品)、タオル・・・など
※寄附品は、フードパントリー事業や社会福祉協議会が運営する施設で活用しました。

問合せ

皆さまからの善意の寄附をお待ちしております。
電話、FAX、メールなどでお気軽にご連絡ください。

箕面市社会福祉協議会 善意銀行担当
TEL:072-749-1575
FAX:072-727-3590
mail:info@minoh-syakyo.or.jp

2024年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
0
8
5
6
5
4
TOPへ戻る