本文へ移動

社協ブログ

社協ブログ

【社協情報】第5回子ども支援オープン会議を開催しました!

2023-03-07
会場の様子
 「子ども支援オープン会議」は、子ども支援を行う団体の横のつながりをつくり、情報交換や課題等を出し合い話し合うことで、箕面市の子どもの支援を推進させることを目的に開催しています。
 今回、5回目の会議を2月22日(水)に開催し、16団体(39名)の参加がありました。
家庭訪問を行った職員からの報告の様子
 今回は、令和3年度に実施された「箕面市支援対象児童見守り強化事業」について、箕面市児童相談支援センターと事業の委託先である(特活)暮らしづくりネットワーク北芝から報告がありました。
 「箕面市支援対象児童見守り強化事業」はコロナ禍で子どもの見守り機会が減少し、児童虐待のリスクが高まっていることから、早期発見・早期対応のため、地域とのつながりが少ない未就園児童のいる家庭を対象とした、アンケート調査や家庭訪問による状況把握の取り組みです。
グループでの意見交換の様子
 後半は、4グループに分かれ、報告を受けての感想や、普段の活動と未就園児との接点、悩みを抱える子育て世代に地域が出来ることなど、さまざまな意見が交わされました。特に、ボランティアで運営している小規模の居場所は、各団体で工夫をしているものの必要なかたへ情報が行き渡らない悩みなどが語られました。参加者同士でさえ「こんな素敵な活動をしている団体があるなんて知らなかった!」という声や「悩みを抱える子育て世代に自分たちの活動を知って活用してもらいたい」などと熱く意見交換されました。
<グループの意見まとめ>
・現在、各団体の情報発信はもみじだより(オアシス欄)、チラシ、SNS、口コミなどが中心。
 →各団体がバラバラに発信するだけでなく、Push型広告なども活用し情報発信できる仕組みづくりが必要ではないか。
・情報発信しても、自ら情報を探しに行けない人(子育てに追われている、体調が悪い等)へは行政との連携が必要。

子ども支援オープン会議で出た課題は、引き続き話し合いを重ねながら各団体で出来ることを考えていきます。箕面市内で子ども支援をしている団体であれば、誰でも参加可能です。
関心のあるかたは、ボランティアセンターまでご連絡ください。

箕面市社会福祉協議会 ボランティアセンター
電話:072-749-1535
mail : mvc@minoh-syakyo.or.jp


地域福祉推進課:三好
2024年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
0
9
2
2
5
1
TOPへ戻る