本文へ移動

社協ブログ

【生活相談窓口】就労に向けた支援の一環として農業見学・体験を開催しました

2022-11-24
箕面市社会福祉協議会では、箕面市から生活困窮者自立支援事業を受託して生活相談窓口を開設しています。 
お金やお仕事、家族のことなど、様々な困りごとに関して一緒に考え、解決に向けたお手伝いをしています。
日々のくらし中で就労に向けた準備が整っていない方や就労支援が必要な方を対象に、今回のような職場見学・体験や社会参加を通した就労準備支援事業を実施しています。

今回は11月11日(金)に実施した農業見学・体験について紹介します。
当日は天候に恵まれ、汗ばむ陽気でした。
農園主の遠山さんの畑では、グリーンレタス、サニーレタス、春菊etc…
元気に収穫を待っているようでした。

今回この機会を提供してくれたのは遠山さんというご夫婦です。

遠山さんは箕面市社会福祉協議会のことを知り、「うちの畑を活用することで何か協力ができないか」との思いからこちらにお話をしてくれました。
そこでこちらで支援している方の何人かに農業体験を案内したところ「日程が合えば参加したい」との声があり、とにかく、まずは畑へ行ってみることにしました。

みのおライフプラザから参加者と、一緒にバスに乗って行きました。
降車バス停で合流する人もあり、一番近いバス停から現地まで徒歩10分。国道から少し入ると、畑が広がりとても静かです!
収穫野菜はグリーンレタスとサニーレタスでした。
やはり、採れたてのお野菜はとてもみずみずしく、色、ツヤどれも新鮮でシャキシャキです。

参加したメンバーは、収穫のコツを教えてもらい、黙々と作業に打ち込んでいました。
畑から摘み取っていく際、日常ではあまり感じることのない土の香りは何とも言えず、自身で収穫することで達成感を味わっていました。
今日収穫した野菜は本日中に納品するということで、みなさんがいつもスーパーで見かけるビニール袋への梱包もさせていただきました。
「レタスの葉が折れないように・・・」そっと袋詰めをしようとしても、新鮮野菜はうまく袋に入ってくれないので、みんな悪戦苦闘しました。


参加したメンバーは「参加してよかった」と話していました。
農業作業は自然を感じ、無心に集中できる作業ですよね。
秋晴れの中、参加者の皆さんからも笑顔があふれていました。

遠山さん、ありがとうございました。

参加したい、あるいは協力したいなど、ご興味を持たれたみなさまがいらっしゃいましたら、下記の窓口までお気軽にお問い合わせください。

                   お問い合わせ 箕面市社会福祉協議会 生活相談窓口
                             電 話:072-727-9515
                             担 当:亀谷・川上
      



2022年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る