本文へ移動

社協ブログ

社協ブログ

【社協情報】よりそい隊研修・交流会を開催しました!

2023-03-23
「よりそい隊」は、日常業務の中で気になる住民を見かけたとき、社協や関係機関に連絡していただくなど、「見守り活動」に協力いただいている企業や事業所です。
令和5年3月現在、294事業所に登録していただいています。
 
昨年秋に、よりそい隊登録事業所にアンケート調査を行ったところ、「認知症かな?どう対応したらいいか悩む…」など、「認知症」に対して関心が高いことがわかりました。
そこで、「認知症になっても安心して暮らせるまちづくりについて考える」をテーマに、研修・交流会を企画!
よりそい隊の事業所だけではなく、ケアマネジャーや関心のある住民の方々、びわの会(認知症家族の会)にも呼びかけ、2日間(3月3日、3月12日)に分けて開催、61名が参加しました。
前半の研修では、認知症の基本的な知識を学んだ後、よりそい隊登録事業所と福祉専門職が連携し、認知症高齢者を見守っている実際の事例を共有。社協や高齢者くらしサポート(地域包括支援センター)との連携が「早期発見・早期支援」につながることを確認しました。
また、認知症家族の当事者組織である「びわの会」から活動紹介と、認知症介護に
悩む家族の居場所について情報提供していただきました。
 
後半は、認知症の人の希望を叶える「ヘルプカード」(出典:社会福祉法人浴風会認知症介護研究・研修東京センター)詳しくはこちらを参考に、意見交流。
 
「セルフレジで失敗すると買い物に行くことを躊躇する高齢者がいる。ゆっくり対応できるレジがあればいい」、「認知症カフェが広がったらいい」、「ヘルプカードを普及させたい」、「地域で顔の見える関係づくりが大事」など前向きな意見やアイデアが出た他、びわの会の活動の必要性について改めて共有しました。
職種を超えて多様な立場の方々との交流は「新鮮で有意義だった」という声が多く、次回は、認知症のある当事者の方にも参加を呼びかけながら、取り組みを進めていきたいと思います。
 
「認知症」をテーマにした取り組みを考えていきたい!
「よりそい隊」についてもっと知りたい!
など、ご関心のある方は是非ご連絡ください。

地域福祉推進課 担当 山岡
☎072-749-1575


2023年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
0
6
1
7
4
1
TOPへ戻る