本文へ移動

社協ブログ

【お知らせ】箕面市在住のひとり親世帯に食料品を提供しました。

2022-03-15
箕面市社会福祉協議会(以下、箕面市社協)で、事業所や個人のかたからご寄贈いただいた食料品などを地域の拠点で提供する取り組み「フードパントリー」を実施しました。
 
3月13日(日)にフードパントリーを実施し、新型コロナウイルスの感染拡大により経済的にお困りのひとり親世帯73世帯にお米(一世帯5kg)や食料品などをお渡ししました。
今回は中学生から大学生までの6人の学生さんが当日ボランティアスタッフとして参加しました。
今回ご協力いただいた団体・個人の皆様(敬称略)
<お米>
・市民のかた3名
・生活協同組合コープこうべ
・大阪よどがわ市民生活協同組合
・大阪北部農業協同組合
<食料品>
・フードドライブの食品
<雑貨など>
・セブン-イレブン・ジャパン
(食料品などを受け取ったかたの声)
「コロナ禍が長引いて出勤にも影響があり本当に大変。」
「子どもが食べ盛りになってきたからお米はありがたい。」
「次回の開催を待っていますのでお願いします!」

当日は、生活相談窓口の職員も同席。実際に、今後の働き先や食料支援についての相談を受ける場面もありました。


これからも箕面市社協は生活に不安を感じているかたやお困りのかたへの支援を進めていきます。
みなさまのご支援ご協力よろしくお願いいたします。

学生ボランティアのみなさんありがとうございました。

地域福祉推進課
2022年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る